湯谷歯科クリニック

TEL:048-773-7597 9:30~13:00/14:30~20:30

  • 診療コンセプト
  • スタッフ紹介・採用情報
  • 医院情報
  • アクセス

インプラント・入れ歯

  1. Home>
  2. インプラント・入れ歯

万全の体制で安心のインプラント治療を

[画像]万全の体制で安心のインプラント治療を

事故や虫歯などで歯を失ってしまった場合、入れ歯治療やブリッジ治療、インプラント治療といった方法によって失った歯の機能を回復させることができます。
中でも、その機能性や審美性の高さから選ばれる方が年々増えているのがインプラントです。
八丁堀の歯医者「湯谷歯科クリニック」でも開業よりのべ900件以上のインプラント手術を行ってきました。
インプラントをお考えの方も、自分に最適な補綴治療にお悩みの方も、まずは当院へご相談ください。

インプラント治療と他の治療の違い

以下では、インプラント治療と入れ歯治療・ブリッジ治療との違いについてご説明します。
それぞれのメリットやデメリットを正しくご理解いただき、ご自身に合った治療法を選ぶ際の参考にしてください。

インプラント治療

[画像]インプラント治療

インプラント治療は、インプラント体と呼ばれるチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上部にセラミックなどでつくられた歯冠を装着することで失った歯の機能と見た目をおぎなう治療です。

メリット

  • 仕上がりが自然なので、天然歯と見た目に差がない
  • チタンがしっかり骨と結合するので、硬いものでもしっかりと咬める
  • 1本で独立するので、周囲の健康な歯に負担がかからない
  • チタンは生体親和性が高いので、金属アレルギーの心配がほとんどない

デメリット

  • 自費診療なので治療費が高額になる
  • 手術が必要となるため、体にかかる負担が大きい
  • 疾患や顎の骨に問題がある場合は治療を受けられない
入れ歯治療

[画像]入れ歯治療

入れ歯は取り外し可能な人工の歯で、失った歯の本数に合わせて部分入れ歯か総入れ歯のいずれかになります。
金属のバネで固定するもの、磁力で固定するもの、ゴム状のもの、床の部分が金属でできたものなどさまざまな種類があります。

メリット

  • 保険の適用範囲が広い
  • 治療費が安く抑えられる
  • 治療期間が短い
  • 自費診療の入れ歯なら見た目や装着感にもこだわれる

デメリット

  • 硬いものなどが咬めないことがある
  • 装着時に違和感が出る場合がある
  • 見た目で入れ歯だとわかりやすい
  • バネをかける歯に負担がかかる
  • 定期的なメンテナンスが必要
ブリッジ治療

[画像]ブリッジ治療

歯を失った部分の両脇にある健康な歯を削り、その歯を土台にして人工歯を装着することで歯の機能を回復させる治療です。
1本の欠損はもちろん、複数本の欠損にも対応可能。
連なった技工物が橋のように見えることから、ブリッジと呼ばれています。

メリット

  • 固定式なので違和感が出にくい
  • 素材や場所によっては保険が適用される
  • 咬み心地が安定し、入れ歯よりも咬む力が回復する
  • インプラントに比べて費用が安い

デメリット

  • 健康な両脇の歯を削る必要がある
  • 土台となる歯に大きな負担がかかる
  • 多くの歯を失っている場合は適用できない

インプラント治療の安全性

[画像]インプラント治療の安全性

顎の骨に人工歯根を埋め込むインプラント手術は、患者さまに身体的な負担をかけるものです。
しかもインプラントが正しい位置に、正しい角度で埋め込まれなければ神経や血管を傷つけてしまい、神経麻痺や腫れ、出血といったトラブルを招いてしまします。
そういった事態を引き起こさないために、当院ではさまざまな機器を使用して万全の体制で手術を行っております。

精密な診断を可能にする歯科用CT

「歯科用CT」は、歯や顎の骨の形状、神経や血管の位置などを詳細に把握できる撮影機器です。
3次元画像で口腔内を立体的にとらえられるので、平面的にしか確認できなかった従来のレントゲンに比べてより正確な情報を収集できます。
このCTデータをもとに治療計画を立てたりシミュレーションを行ったりすることで、より安全で正確な治療が実現するのです。

「もしも」の場合に備える生体モニター

当院では血圧、脈拍、心拍数、血中酸素飽和度といった患者さまの健康状態を把握することができる「生体モニター」を設置し、インプラント手術を行っています。
生体モニターによって患者さまの体調をきめ細かく管理でき、万が一のことがあっても迅速かつ適切な対応が可能です。
}高血圧や心疾患などをお持ちの患者さまも、安心して手術をお受けいただけます。

難症例にも対応いたします

[画像]難症例にも対応いたします

インプラント治療を希望されていても、土台となる顎の骨の量が少ないなどの理由で手術を受けられないというケースがあります。
しかし当院では、そのような難症例にも対応可能です。
骨を増やす治療法で、多くの患者さまから喜びの声をいただいております。

サイナスリフト

上顎の骨が1~5mmほどの厚みの場合に行う骨造成手術です。
鼻の横の奥周辺にある上顎洞(じょうがくどう)のあたりをおおっている歯ぐきを剥がし、底部を持ち上げたときにできた空間へ骨補填剤を注入します。

ソケットリフト

サイナスリフトと同様に、上顎洞(じょうがくどう)を持ち上げて骨補填剤を注入し、顎の骨量を増やす骨造成法です。
上顎の厚みが4~10mmほどの場合に行う方法で、歯ぐきの大きな切開を必要としないために術後の痛みなどが少なくすみます。

GBR

インプラントを埋め込む顎の骨が薄く骨量が足りない場合、メンブレンという特殊な膜を骨の薄い箇所に入れ、その膜と顎の骨の間に骨補填剤を注入したり自家骨を移植したりすることで、骨の再生を促す方法です。
術前に行うケースもありますが、インプラントの埋め込みと同時に行うこともあります。

使い心地のよい入れ歯が快適な生活をつくります

入れ歯はあらゆる症例に対応でき、外科手術も不要で調整や加工もしやすいため、多くの方に利用されています。
しかし、毎日快適に入れ歯を使い続けていくには、毎日のきめ細やかなお手入れや、歯医者での定期的な調整が必要です。
八丁堀の歯医者「湯谷歯科クリニック」で入れ歯の作製・調整を行い、ストレスのない快適な生活を手に入れませんか?

合わない入れ歯で我慢しないようにしましょう

[画像]合わない入れ歯で我慢しないようにしましょう

入れ歯と聞くと、「痛い」「うまく咬めない」「外れやすい」といったマイナスのイメージが挙げられがちです。
そうしたイメージのせいか、使用時に不快感や痛みがあっても「入れ歯はこういうものだから」と我慢をしてしまう方が多くいらっしゃいます。
しかし、その不快感や痛みは入れ歯自体が悪いのではなく、お口に合っていないことが問題なのかもしれません。

合わない入れ歯を我慢して使い続けていると、咬み合わせが悪くなり、顎の骨にまで悪影響を及ぼす場合があります。
しっかりと咬めなくなると食事や会話を楽しむこともできなくなるため、普段の生活の中で生きがいを見失ってしまうというケースも珍しくありません。

装着時の痛みや咬みにくさといった気になる部分は、歯科医院に相談することが大切です。
当院では入れ歯をつくるだけでなく、修理や調整も行っています。患者さま一人ひとりのお口の状態を細かく検査することが、使い心地のよい入れ歯をご提供することの第一歩。
現在お使いの入れ歯でも調整によって咬み心地を回復させることは可能ですので、入れ歯に不調を感じたら一度当院へご相談ください。

ページトップ

医院からのお知らせ